合同会社YRS【誠信堂鍼灸整骨院】「痛みは必ずとれる!」という強い信念を持って、スタッフ一同毎日治療にあたらせて頂いております。


診療受付

平日 8:00〜20:00
土・祝 8:00〜18:00

診療時間

平日 8:00〜21:00
土・祝 8:00〜18:00
日曜・休日につきましては予約者のみとさせて頂きます。

鍼治療について

○病気を治療する医学から、自分で管理し病気になりにくい体に整える時代へ
 病気を治療する医学から、自分で管理し病気になりにくい体に整える時代へ東洋医学では、未病...未だならざる病、という考えがあり、病気になる前の体の状態のことを言います。疲労、ストレスなどさまざまな経過により、体は弱っていきます。

 そんな体を病気から守っているのは、「自然治癒力」。
 自然治癒力が正常に機能することは、体内のバランスを整え、病を治し、また病になりにくい体に整えること。その目的に合致しているのが、未病を治す鍼灸治療です。

 人間の体を総合的に見つめて治療を施す東洋医学は、対症療法に終始しがちな西洋医学を補い、予防医学に留まらず、統合医療として注目されています。これからは病にならない体のために、自己管理と未病を治すという相乗効果が大切です。

○衛生面は大丈夫なのか?
 衛生面は大丈夫なのか?エイズやB型肝炎・C型肝炎、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)が引き起こす感染症が、大きな社会問題となっています。このような危険を減らすために、推進されているのが、医療器具のディスポーザブル化(一回使用)です。
滅菌された針を、一人に一回使用しただけで捨てる。
ちょっともったいないなという感じがするかもしれませんが、現在の医療機関では再使用の物を探す方が難しいくらいにディスポーザブル製品が普及しています。

当院での鍼灸治療においても、患者様は勿論、施術者自身を感染から守るためも、ディスポーザブル(滅菌された針を、一人に一回使用しただけで捨てる)を徹底していますので、安心して治療を受けていただけます。

○鍼(ハリ)治療が痛くない理由
 鍼(ハリ)治療が痛くない理由はり治療に、抵抗感がある方のほとんどは、注射や、画鋲などの針が刺さった時のことを思い浮かべてしまうのでしょう。指先にちょっと刺さっただけで、痛くて不快なのに、あんな長い針を刺したら...、なんて想像しただけでぞっとするでしょう。

 注射針は、薬などを体内に注入する目的上、管状になっています。先端はナイフのように鋭く(下図)、皮膚面を切るようにして体に刺し込むので、痛みを感じますが、鍼治療用の「はり」は、先が注射針よりもずっと細く、皮膚に滑り込むよう刺さっていくので、刺激が少なく痛みを感じにくいのです。

その上、鍼を刺す時に、「鍼管(しんかん)」と呼ばれる、筒状の器具を使うことで、刺す時の痛みを抑えられます。鍼管は、鍼よりやや短いので、鍼先が皮膚に接した状態で、「鍼柄(しんぺい)」が、少し余ります(下図)。この鍼柄を、指先で軽く叩けば、鍼先が、瞬く間に体に刺さります。これは「管鍼法(かんしんほう)」と呼ばれる方法で、いつ刺されたのか、気付かないぐらいです。当院では、主にこの方法を採用しています。